ブログ

ブログで完璧を目指すのはNG!記事は修正(リライト)しながら完成させるのがおすすめ

2023年2月28日

<※本ブログではアフィリエイト広告を利用しています。>

記事のリライトの大切さ



ブログを書く際に『完璧な記事』を目指していませんか?

完璧を目指し過ぎると、記事の公開がなかなかできませんよね。
あの内容も追加したい、この文章で大丈夫かな、SEO対策できているかなど・・・ついつい気になってしまうのではないでしょうか。


嬉しいことに、ブログは公開した後も修正ができるコンテンツです。
修正に修正を重ね、徐々に記事のクオリティを上げていくのが、とても重要になってきます。

僕自身、7割くらいの完成度で記事を公開することも多いです。
後で『修正(リライト)』すれば全然、大丈夫ですよ!


今回の記事では『完璧を目指すのがNGな理由・リライト(記事の修正方法)』について紹介します。

この記事のポイント!

  • 完璧な記事を目指すのがNGな理由
  • 7割くらいの完成度で記事を公開しても大丈夫な理由
  • 記事の質を上げる方法(リライト作業について)



このような情報をまとめてみました。
リライトがうまくいけば、検索順位が改善し、結果的にアクセスも増やすことができます。

記事を書いたら終わりではなく、定期的に振り返ることが大切ですよ。


【スポンサーリンク】






完璧な記事を目指すのはNG行為?7割くらいの完成度で公開してOKな理由


ブログの記事作成ですが、完璧を目指し過ぎると記事の公開がなかなかできなくなってしまいます。
以下のようなところに、こだわってしまうのではないでしょうか。

ブログの拘ってしまうポイント

  • 大まかなコンテンツ内容の検討
  • ターゲット(読者)の検討
  • タイトルの検討
  • 記事構成の検討
  • 必要な画像の準備
  • 文章の作成、見やすくする工夫・・・などなど



こだわること自体は良いことですが、こだわり過ぎるのはNGです。
なぜなら、これらの作業は終わり(完成)がないから。

終わりのない作業にとらわれ過ぎると、思うような結果は得られなくなりますよ。
(頑張り過ぎても疲れてしまいますよね。)


なので、ブログで完璧を目指すのはNG行為と言われています。
僕は7割くらいの完成度で記事を公開することが多いですよ。


それらの理由などを詳しく紹介していきます。





【前提】そもそも完璧な記事は存在しない


あなたにとって、完璧な記事とはなんでしょうか。
読者目線の記事が書ければ完璧?SEO的な条件が満たされた記事が完璧?
考え方ひとつで変わりますよね。

結論、完璧な記事など存在しません。
完璧な記事などありませんので、1記事にこだわりすぎるのは正直、よくありませんよ。




記事は質が大事ですが、それと同じくらい量も大切です。
特にブログを始めたての場合は、たくさん記事を書く方が大事なこともありますよ。

なので1記事にこだわるくらいなら、さっさと公開して、次の記事に取り掛かりましょう!
ブログを成長させるためにも完璧な記事を目指さず、どんどん記事を公開していくことが大事ですよ。


ちなみに僕の1記事の作成時間は、約6時間です。
正直、これは遅いペースだと思います。なので、なるべく無駄な時間を省くために、悩んだら記事を公開することに決めました。




記事の完成度は7割程度でもOK!気楽に公開していくことが大事


先程も言いましたが、完璧な記事は存在しません。
こだわることは大事ですが、こだわり過ぎるのはNGなので注意してください。

僕の場合ですが、7割くらいの完成度で記事を公開することが多いです。
6割程度でも公開することもありますよ。


僕は、ターゲット層が明確になっていて、タイトルや記事構成がしっかりしていれば公開しちゃいます。
ちょっと情報が足りないな・・・書き足したいなと思うことがあっても、整理できていない場合は一旦、保留にします。

公開してOKなレベル!

  • ターゲット層が明確になっている
  • ターゲット層に沿ったタイトルや記事構成ができている
  • 画像や図が挿入され見やすい記事になっている
  • ただ、ちょっと情報が足りていない・・・



基本的な部分ができているレベルの記事であれば、まずは試しに公開してみてください。
公開し、しばらくしてからターゲット層にあったキーワードで検索されているかや検索順位などを確認してみましょう。

狙ったキーワードで検索されていない場合や検索順位が低い場合は分析し、改善すれば大丈夫ですよ。





定期的にリライトし記事の質を上げていくことが大切


ブログですが、公開した後も修正することができるコンテンツです。
これは、ブログならではのメリットのひとつではないでしょうか。


公開した記事を修正することを、リライトと言います。
記事のテーマはそのままで、内容を修正・追記・削除することで、上手くリライトできると検索順位が上がりますよ。

リライト 主な目的

  • 古くなった記事を修正・追記・削除して更新する
  • 検索順位を上げる



ブログですが、公開しないと見えない部分もあります。
どんな内容で検索し、この記事に辿り着いたのかなど、そういったデータは後ほど、とても役立ちます。

後ほど、このデータを使って記事を生まれ変わらせれば、より良い記事になることでしょう。
理想の記事を目指すためには、早めに記事を公開し、リライトするのがおすすめです。

【スポンサーリンク】







リライトのやり方・コツを紹介



実際にリライトを行う手順を紹介します。
僕は以下の手順でリライトをしていますよ。

リライトのやり方

  • Googleサーチコンソールで現状の把握
  • リライトする記事を選ぶ
  • ライバル記事のチェック
  • タイトルや記事のキーワード・構成の見直し
  • リライト
  • 見直し・公開
  • 3か月後くらいにGoogleサーチコンソールで順位の確認



まずは、記事の現状を把握するところからスタートします。
その後、ライバル記事のチェックして、タイトルや記事のキーワード・構成を検討して実際に作業します。

リライトが終わったら、見直して公開といった感じですかね。

検索意図と間違った修正をしてしまうと、検索順位が下がる可能性もあるので注意してください。
そのため、タイトルや記事のキーワード・構成の見直しは、かなり重要になってきますよ。





まとめ


ブログで完璧を目指しすぎると、なかなか記事を公開することができなくなってしまいます。
記事を公開できないとブログが成長せず、いつまでもアクセス数が増えませんので注意してください。

結論、ブログは7割くらいの完成度で記事を公開しても全然OKです!
ブログ上級者でも完璧な記事は書けません。リライトしながら理想的な記事を目指していますよ。

ブログはリライトができます。
後々、修正ができるので、どんどん記事を公開していきましょう!

おわり

【スポンサーリンク】




スポンサーリンク

-ブログ
-, , ,