ブログ 商品レビュー

「沈黙のWebライティング」のレビュー!ブログで成果を上げる「文章の書き方」が学べる書籍

<※本ブログではアフィリエイト広告を利用しています。>

沈黙のWebライティングのレビュー



ブログ記事の書き方を学べる『沈黙のWebライティング』という書籍を紹介します。

この一冊でWebライティングの極意が分かる!
それくらい詳しくライティングについて、学べる書籍となっていました。

ブログでより成果を上げたい方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。


この記事のポイント

  • 『沈黙のWebライティング』の特徴は?学べる内容を紹介
  • 『沈黙のWebライティング』を読んで欲しい人は?
  • 読んで良かったと感じたポイントを紹介
  • 『沈黙のWebライティング』を読んで僕が意識していることを紹介



このような情報をまとめてみました。
沈黙のWebライティングですが、SEOを意識した文章の書き方、強みを意識した文章の書き方、わかりやすい文章を書くためのポイントなどの内容が書かれていました。

これらは中身の濃い記事を作成するのに重要です。
スムーズに文章を書くきっかけにもなりますので、本格的にブログを頑張りたい方には是非、読んでほしいです。


また、ブログ運営の基礎を学べる『沈黙のWebマーケティング』という書籍もあります。
(沈黙のWebマーケティング⇒沈黙のWebライティングという順のストーリーですが、どちらから読んでも大丈夫な内容でした)

『沈黙のWebマーケティング』については、こちらの記事で詳しく紹介しています。




【スポンサーリンク】






『沈黙のWebライティング』とは?どんな書籍なのか

沈黙のWebライティングのレビュー



Webライティングの実用入門書のことです。
ブログなどWebサイトで成果を上げるための文章の書き方を、学べる書籍となっていました。

書いてある内容は、以下の通りです。

沈黙のWebライティング 学べる内容

  • SEOを意識したライティングの方法
  • 商品を選んでもらえる文章の書き方
  • わかりやすい文章を書くためのポイント
  • 強みを活かした文章の書き方・・・などなど



この一冊でWebライティングの極意が分かる!
それくらい詳しくWebライティングについて学べる書籍となっていましたよ。

600ページ以上と厚みのある書籍ですが、物語形式なのでサクサクと読むことができます。
ストーリーのエリア+解説のエリアの2つに分かれているので、振り返りもしやすくなっていましたよ。



  • ブログで稼ぎたい人
  • アクセス数が増える記事の書き方を知りたい人
  • スムーズに記事を書けるようになりたい人
  • Webライティングの基礎を丁寧に学びたい人
  • これからブログやWebサイトを始める人(始めたい人)



こんな方には特におすすめの書籍なので是非、チェックしてみてください。






『沈黙のWebライティング』を読んで良かったポイントを紹介



沈黙のWebライティングを読んで、良かったポイントを紹介します。

沈黙のWebライティング 良かったポイント

  • SEOを意識した文章の書き方を学ぶことができる
  • わかりやすい文章を書くためのポイントを学ぶことができる
  • 600ページ以上あるがサクサクと読むことができる


それでは、詳しく紹介していきます。




SEOを意識した文章の書き方を学ぶことができる

沈黙のWebライティングのレビュー



どんなに良い記事が作れても、露出しないと意味がありません。
Googleの検索結果で上位に表示させるためにも、SEOを意識したコンテンツ作りが求められます。

沈黙のWebライティングでは、SEOを意識した文章の書き方を学ぶことができますよ。

具体的には・・・以下のような内容です。

  • SEOを意識したWebライティングが必要な理由
  • Googleから評価されるWebコンテンツの作り方
  • 上位表示を狙うキーワードの検索方法(検索順位を上げるためには)
  • 検索意図にあった記事の書き方・・・などなど



検索する人は『どんなページを求めていて、どんな気持ちで読むのか』。
そんな内容が丁寧に解説されていました。

SEOの知識がない方でも分かりやすく説明されているので、ブログ初心者でも安心して学ぶことができますよ。




わかりやすい文章を書くためのポイントを学ぶことができる


わかりやすい文章を書くポイントが、約100ページ紹介されています。
文章を読んでもらうために必要な視点のおさらいから、そのためにはどうすればいいのかを理解することができますよ。

文章を読んでもらうために必要な視点

  • 感情表現を入れ、自分事化による“共感”を誘発する
  • 伝えたいことがきちんと伝わるよう、“見やすさ”や“わかりやすさ”にこだわる
  • ファーストビュー(冒頭文)で、伝えたいことをまとめる



感情表現を入れるための書き方とは?『見やすさ』や『わかりやすく』する具体的な方法は?ファーストビュー(冒頭文)の重要性などを学ぶことができます。
ブログ記事の書き方や考え方に直接、影響するので、とても勉強になる内容でしたよ。




600ページ以上あるがサクサクと読むことができる

沈黙のWebライティングのレビュー



沈黙のWebライティングですが、600ページ以上あります。
なかなか分厚い書籍で読み切れるか不安になるかもしれませんが、安心してください!

意外とサクサクと読むことができる書籍となっていましたよ。

  • 物語形式なのでサクサク読むことができる
  • 文字数自体は、そこまで多くはない
  • 画像(絵)や表などが多く挿入されている
  • ストーリーのエリア+解説のエリアの2つに分かれている(読み返すのにも便利)



全部で7つのエピソードがあり、僕は1日1エピソード読んでみました。
エピソードによって若干の差はありましたが、30分から60分くらいで読むことができました。

10日もあれば読むことができますよ。

分厚い書籍で読み切れるか不安のある方でも、安心して購入することができるのではないでしょうか。


【スポンサーリンク】




成果が上がる文章とは?相手が求めている内容を書くことが大切



沈黙のWebライティングを読んでから、僕が記事を書く上で意識していることを紹介します。
それは『相手が求めている内容を書く』です。

SEOを意識した文章や分かりやすい文章にも繋がっていると僕は思っています。

  • 検索ユーザーの『悩み・質問』に対して、的確に答えられる記事にする
  • 箇条書きなどで見やすい記事にする
  • 画像(絵)や表などを入れて見やすい記事にする
  • 文章は長くなり過ぎないように注意する
  • 文字のサイズや色を変えてみる(重要な部分)
  • 古い情報は都度、更新する(リライト)



僕が日々、こういったことを意識してブログ運営をしています。
いきなり完璧に実行するのは難しいですが、意識するだけでも記事の内容がグッと変わるので是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。





まとめ


今回は、『沈黙のWebライティング』という書籍を紹介しました。

Webライティングの実用入門書となっており、ブログなどWebサイトで成果を上げるための文章の書き方を学ぶことができますよ。

全部で600ページ以上ありますが、物語形式なので意外とサクサクと読むことができます。
また、丁寧に分かりやすく解説されているので、SEOの知識がない方でも理解しやすい内容となっていました。

沈黙のWebライティングに書かれている内容を実践すると、記事の内容がとても良くなります。
簡潔に求められていることを書けますし、すらすらと文章が考えれるようになるので、本格的にブログ運営をする方にはおすすめですよ。

興味がある方は是非、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おわり


【スポンサーリンク】




スポンサーリンク

-ブログ, 商品レビュー
-, ,