ブログ

【WordPress】簡単にできた!ファビコンの設定方法を解説【AFFINGER6】

2023年4月21日

<※本ブログではアフィリエイト広告を利用しています。>

アフィンガーのファビコンの設定



WordPressテーマAFFINGER6でファビコンの設定を行ってみました。
以前はAFFINGERの管理画面からの設定もできたみたいですが、今はWordPressの基本機能から設定するようになっています。


ファビコンを設定すると、自身のサイトを判別しやすくなるなど、視覚的なメリットがあるので是非、挑戦してみてください。

この記事のポイント!

  • ファビコンとは何か?
  • ファビコンの設定方法【実際の手順に沿って解説】
  • 設定してから反映されるまでの期間【体験談】



このような情報をまとめてみました。
僕もはじめて設定してみましたが、特に悩むようなところはありませんでしたよ。



【スポンサーリンク】





favicon(ファビコン)とは何か?



favicon(ファビコン)とは、簡単に言うとサイトのシンボルマークのことです。
自分で設置することができ、ブックマークやブラウザーのタブ、検索結果などに表示することができます。


ファビコンとは何



上の2つの画像がファビコンとなります。
SEOには直接、関係はありませんが、設定することでページが目立つなどの効果がありますよ。

たくさんタブを開いていても目立つので、読者さんが覚えてくれるかもしれません。
WordPressの基本機能から、簡単に設定できるので是非、挑戦してみてください。





AFFINGER6でファビコンを設定する方法



ファビコンを設定する方法を紹介します。
以前はAFFINGERの管理画面からも設定できたみたいですが、今はWordPressの基本機能からしか設定できませんので注意してください。




設定する方法は、とても簡単です。
まず、WordPressの基本機能から『外観』⇒『カスタマイズ』⇒『サイト基本情報』をクリックします。




サイト基本情報の下段にある『サイトアイコンを選択』をクリックします。
あとはファビコンに設定したい画像を選択し、『公開』すれば完了です。


ブラウザーのタブはすぐに更新されるので、僕はそこで無事に反映されているか確認をしました!


また、ファビコンは「512x512ピクセル以上の正方形」が推奨のサイズとなっていました。
長方形の画像などは、『サイトアイコンを選択』時に画像切り抜きされるので注意してください。





検索結果には約3日後に反映された



僕がファビコンを設定した時は、すぐにはGoogleの検索結果には反映されませんでした。

細かく確認したところ、約3日後に反映されているのを確認することができました。
ブラウザーのタブはすぐに更新されたので若干、焦りましたが無事に更新されて良かったです。

ファビコンを早く表示させたい場合は、早めの設定をおすすめしますよ。

また、少しでも早く反映してもらうために、Googleサーチコンソールでインデックスの再登録をする方法もあるみたいです。






まとめ


今回は、ファビコンの設定方法について紹介しました。

以前はAFFINGERの管理画面からの設定もできたみたいですが、今はWordPressの基本機能からしか設定できませんので注意してください。

ファビコンを設定すると、サイトが目立つなどの効果があります。
SEOなどには直接、効果はありませんが、目立つって意外と重要な要素ではないでしょうか。

簡単に設定できるので是非、ファビコンの設定を行ってみてください。

おわり

【スポンサーリンク】




スポンサーリンク

-ブログ
-,